PHP研究所の公式通販サイト

この日めくりは、北海道、南富良野のけん三のことば館クリニックに2カ月に1度掛け替えられ、道内外から訪れる患者さんたちの心を癒やす、けん三こと下田憲医師の言葉を集めたものです。
これらの言葉はすべて、クリニックを訪れる患者さんとの日々の対話からけん三がすくい上げ、言霊に昇華したものばかり。

気分が落ち込む時、頑張れない時、
傷ついてしまった時、自分を許せない時、
そして、なんでもない時にも、
あなたの心に寄り添い、励ます
けん三からの言葉の処方箋を
毎日受け取ってください。

●内容一部ご紹介●
*嫌だと思うあの人も、好きだと思うこの人も、みんないるからこの世だね
「やさしくない」と自分を責めてる それだけで、充分やさしいあなたです
強がればひとりで歩くしかないよ
支えあい 生きよう弱く あなたとわたし


◆けん三(下田憲・しもだけん)
1947年、埼玉県生まれ。長崎県佐世保市で育つ。高校卒業後、約10カ月間、西日本を放浪。翌年、北海道大学医学部に入学。大学紛争期を経て、74年卒業。4年間の研修の後、78年から5年間、長崎県平戸に近い離島の公立病院に勤務して病院の再興を果たし、83年、北海道の過疎地の公立病院へ。さらに96年、無医地区になった南富良野町幾寅(映画「鉄道員」の舞台)の町立診療所へ。この間、東洋医学と心療内科を双軸とする独自の診療形態を確立する一方、98年頃から墨書で癒やしの言霊をしたためはじめ、2000年、その常設展示館「けん三のことば館」を開設。04年「ことば館」をそのまま「けん三のことば館クリニック」に改修して独立、現在まで自称“山医者”を続けている。14年、これまでの地域医療へのユニークな取り組みが評価され、日本医師会「赤ひげ大賞」を受賞。
【日めくり】赤ひげ「けん三」の日めくり癒やしの言葉
ラッピングメール便OK
けん三こと下田憲医師の、ことばの処方箋。
北海道、南富良野のけん三のことば館クリニックに2カ月に1度掛け替えられ、患者さんたちの心を癒やすけん三こと下田憲医師の言葉を集めました。
税込価格 1,080円
納期ご注文受付後、3~5営業日以内に発送
数量

【サイズ】A5変型判、31日分・18枚綴り

在庫状況

税込価格在庫状況
1,080円

Recently viewed

友達に教える

お客様のお友達に、商品ページのURLやメッセージを送ることができます。
下記フォームにご入力の上、「確認する」ボタンをクリックしてください。
お友達にメッセージを送る場合は、メッセージ内容をご入力ください。
は必須項目です。

あなたの名前 
あなたのメールアドレス  (半角)
お友達のお名前 
お友達のメールアドレス  (半角)
メッセージ内容
閉じる

友達に教える

ご入力内容をご確認いただき、問題なければ「送信する」ボタンをクリックしてください。
内容に誤りがある場合は、「修正する」ボタンを押して、入力内容を修正してください。

あなたの名前??fromNameLabel??
あなたのメールアドレス??fromAddressLabel??
お友達のお名前??toNameLabel??
お友達のメールアドレス??toAddressLabel??
メッセージ内容??emailBodyLabel??
  
閉じる

友達に教える

お友達にメールを送りました。

閉じる