松下幸之助 | PHP研究所の公式通販サイト

トップページ  > 商品カテゴリーから探す  > 松下幸之助  > 【CD】松下幸之助 道をひらく



仕事や経営の心得として、人生の指針として、新入社員から経営幹部の方まで、ぜひ皆様でお聴きください。自らの運命を切りひらき、日々心新たに生き抜く勇気が湧いてきます。
※本CD集は、松下幸之助著『道をひらく』『続・道をひらく』に掲載された文章から90話を選んで収録したものです。

【第1章】
「道」~運命を切りひらくために
道/素直に生きる/若葉の峠/一陽来復/是非善悪以前/自分は自分/病を味わう/生と死/世の中/絶対の確信/何が起こるか/ものの道理/もっとも平凡な/悲観・楽観/雨が降れば

【第2章】
「真剣勝負」~力強く歩むために
志を立てよう/真剣勝負/人事をつくして/心配またよし/困っても困らない/転んでも/心を高める/成功の連続/体験の上に/時を待つ心/心を定めて/自得する/勤勉の徳/愚直の人/甘える

【第3章】
「日々是新」~新鮮な心をもちつづけるために
日々是新/日に三転す/フシの自覚/耳を傾ける/知恵は無限/窮屈はいけない/見方を変える/心の鏡/なぜ/くふうする生活/学ぶ心/わけ入れば/視野を広く/初心/春がきた

【第4章】
「心を通わす」~ともによりよく生きるために
さまざま/妙なもので/りくつ/サービスする心/縁あって/一人の知恵/あいさつをかわす/心を通わす/敵に教えられる/天与の妙味/無限の宝庫/感謝する/真剣に叱られる/心のぬくもり/本領を生かす

【第5章】
「プロの自覚」~仕事に打ち込むために
自分の仕事/仕事というものは/熱意をもって/身にしみる/ファンがある/忍耐の徳/プロの自覚/手を合わす/自問自答/三日の手伝い/引きつける/のりうつる/格の上げ下げ/同じ金でも/半鐘が鳴れば

【第6章】
「働き方のくふう」~仕事の成果を高めるために
つきまとう/自己反省/思い悩む/おろそかにしない/まず奉仕せよ/止めを刺す/力をつくして/しかも早く/働き方のくふう/カンを働かす/失敗か成功か/長所と短所/次善の策/根気よく/心をひらく


◆内容の一部紹介◆
「道」(Disc1より)

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。
この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。
他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。
【CD】松下幸之助 道をひらく
松下幸之助の長年の体験と、人生に対する深い洞察をもとに切々と訴える珠玉の随想集。永遠の座右の書をCDに収録!
9歳から丁稚奉公に出て一代で松下グループを築き上げ「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助。
その実践から学びとった哲学は、いまだに色あせることなく、世代を超えて受け継がれています。
本CD集は、1968年の発刊以来、累計400万部を超えるベストセラー『道をひらく』と『続・道をひらく』から90話を抜粋し、江守徹氏の格調高い朗読でお聴きいただくものです。
税込価格 12,960円
納期ご注文受付後、3~5営業日以内に発送
数量

◆ゴールデンウィーク中の営業について

誠に勝手ながら、下記の期間は発送作業をお休みさせていただきます。
2017年4月29日(土)~30日(日)、5月3日(水)~7日(日)まで

また、下記期間はお問い合わせの返答にお時間を頂戴いたします。
2017年4月29日(土)~5月7日(日) まで

ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承賜りますようお願い申し上げます。

【内容】CD全3枚(1話1分30秒~2分・90話収録)+読本1冊
【制作・著作】PHP研究所
【監修】PHP総合研究所 第一研究本部
【朗読】江守 徹

在庫状況

税込価格在庫状況
12,960円

Recently viewed

友達に教える

お客様のお友達に、商品ページのURLやメッセージを送ることができます。
下記フォームにご入力の上、「確認する」ボタンをクリックしてください。
お友達にメッセージを送る場合は、メッセージ内容をご入力ください。
は必須項目です。

あなたの名前 
あなたのメールアドレス  (半角)
お友達のお名前 
お友達のメールアドレス  (半角)
メッセージ内容
閉じる

友達に教える

ご入力内容をご確認いただき、問題なければ「送信する」ボタンをクリックしてください。
内容に誤りがある場合は、「修正する」ボタンを押して、入力内容を修正してください。

あなたの名前??fromNameLabel??
あなたのメールアドレス??fromAddressLabel??
お友達のお名前??toNameLabel??
お友達のメールアドレス??toAddressLabel??
メッセージ内容??emailBodyLabel??
  
閉じる

友達に教える

お友達にメールを送りました。

閉じる